TOP画像

サプライズパーティー

サプライズで行うパーティーにケーキはつきものです。
テレビで外国のホームビデオなどを見ていると、日本人よりもさらにサプライズ好きな国民性を窺うこともできるでしょう。
サプライズパーティーとは文字通り主役をびっくりさせつつ祝う、温かな気持ちのこもったパーティーです。
本人だけがそのパーティーの存在を知らず、平然と過ごしていたところに突然びっくりさせられるという流れは定番中の定番でしょう。
ビックリした後のその人達は、誰もが皆笑顔になるはずです。
そしてサプライズの種明かしをした後、誰かが運んでくるワゴンの上には大きなケーキが乗っているでしょう。

ケーキとは誰かを祝う象徴の品でもあります。
華があり、味も見た目も美しく、豪勢な装いは正しくパーティーに相応しいものです。
しかし、時と場合によってはその豪勢さに苦戦する場合もあるでしょう。
大きすぎても残ってしまうという現実的な悩みや、生クリームが基本のケーキであれば持ち運びは容易ではありません。
誰かのためにパーティーを開くその裏側には、沢山の人の努力が詰まっているものです。
時間のない中でのサプライズ的な演出をする場合であったり、長居することのできない会場でのちょっとしたパーティーであったり、デコレーションケーキを持って行くには少々相応しくない場合もあるかもしれません。

しかし、パーティーを折角開催するのにメインとなるケーキがないのは物寂しいでしょう。
クッキーやチョコレートなど、ありあわせのお菓子だけで済ませるのも返って適切ではありません。
ケーキといえば特別な時に食べるという印象が強いはずです。
誕生日や季節の行事と、誰かを特大にお祝いしたいときなど用途としてはどちらかといえば限られています。
週に一回はおやつにケーキを食べるという人は、割合としては少ない方かもしれません。
しかし同じケーキと名のつく食べ物であっても、パンケーキであればどうでしょうか。
もっと身近で気軽なおやつになり得ます。

毎週とはいかずとも、月に一回や二回程度はパンケーキを食べるという人もいるのではないでしょうか。
最近では、行列店が数多く存在するほどパンケーキの人気は計り知れないものとなっていますが、ほんのおやつ気分で極上のひと時を体感するにはうってつけのデザートです。
ちょっとした気軽なパーティーで誰かを驚かせたいというとき、用意するケーキはデコレーションケーキではなくパンケーキでもよいでしょう。
なじみ深いデザートだからこそ、一層喜んで貰える場合もあるのです。